HOME>特集>利益を追求することも必要ですが顧客のことを考えることも大切

目次

契約農家を見つけよう

食材

野菜の販売を行っているところは多いですが、購入をする場所によって鮮度が全く違うということがあります。それだけではなく、味にも大きな差が生じてしまうので、できるだけ消費者の流れも変わってきてしまいます。野菜仕入れを行う場合にはできるだけ農家と契約をして入荷のルートを確保しておくとよいでしょう。そうすることによってよりよい野菜を仕入れることができるようになります。

販売をする場所の選定

野菜

最近では野菜を直売所で購入することができるようになっています。農家が直売所に持ち込んで価格の設定を行い、そこで販売をすることができるようになりました。直売所で販売をする場合もキチンとした契約が必要となります。それでも卸売業者を仲介しないので新鮮な状態で消費者の元に届けることができるようになっています。販売をする場所によって価格も野菜の鮮度も大きく異なってくるので、消費者もできるだけよいものをリーズナブルな価格で購入をしたいと考えているでしょう。業者側も野菜仕入れは鮮度が重要となってくるので、契約農家を作っておき、その上で仲介業者を入れずにできるだけ最短ルートで販売できるように販売をする場所を決める必要があります。

スーパー

店内

広告募集中