HOME>イチオシ情報>新鮮な野菜仕入れ先を選ぶならやっぱり農家から買うのがベスト?

野菜の仕入れを直接農家からするメリット・デメリット

メリットは毎日新鮮な野菜を直接購入する事ができます。ただ、農家さんによって作っている野菜が異なるので入手できない野菜もあります。

野菜の廃棄を減らす取り組みと仕入れのコツ

冷蔵庫の在庫確認をしよう

無駄な野菜を買わない為にも、まずは冷蔵庫の中の残った野菜を確認し、必要な分だけ購入しましょう。

スーパーの見切り品を使用する

少し傷んでいるだけで、食べる事には問題がありません。食品ロスを減らすためにも見切り品を賢く使いましょう。

使いきれないものは冷凍へ

カボチャなど買ったけど余ってしまいがちな食材は1回分ずつ小分けして冷凍保存しましょう。

余った野菜を纏めて使えるメニューに

カレーやシチュー、スパニッシュオムレツなど冷蔵庫のの中に残っている野菜を使えるようなメニューを取り入れましょう。

皮にも栄養がたくさんあります

身と皮の間に栄養がたくさんあります。あえて皮をむかないで調理をするのも、野菜の廃棄を減らすポイントです。

シェフが直接買い付けるレストラン

食材

業者を通じて野菜仕入れを行う場合には、それは確かに効率的かもしれません。しかし、シェフが直接市場で買い付ける場合、野菜の色や鮮度などを確認した上で購入することができるため、信頼度が高いということ特徴があります。

契約農家から仕入れるこだわりの野菜

食材

一度にまとまった量の野菜を飲食店が仕入れる時、それは何よりも生産者の顔が見えたほうが信頼に繋がります。飲食店でこだわりの野菜仕入れをする場合においては、農家と契約を結び、必要な野菜を必要な時に仕入れることができます。しかも、使っている農薬を直接確認したり、有機農業で栽培している農家は、食べ物を提供する飲食店としても安心して仕入れることができるのです。そのため、農家とレストランが直接契約を結ぶことは珍しいことではないです。

広告募集中